スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の夜をひんやり敷きパッドで気持ち良く…

もうすぐ毎晩のように暑くて寝苦しい夜が続くというようなつらい毎日がやってきます。
どうやら今年の夏は涼しいという嬉しい予想を覆して一転、平年並みの夏がやってくるようです。
平年並みって一口で言うと、普通の暑さな感じですがここ数年のあの尋常でない夏の事を指して平年並みと言っているのであれば、またまた大変な事になりそうです。

それでも昼間は、どこへ出かけても室内にいる時は電車の中やオフィス、お店の中、タクシーなどなど、どこへ行っても
エアコンが気持ちよく聞いているのでそれほどの暑さは感じられません。
しかしそうであるからこそ、一日中エアコンを体に浴び続けている日が続くので何だかカラダにも、とっても悪そうな気がします。
しかし、家に帰っても当然夕方から夜にかけても暑いのでエアコンの風に当たり続け、お風呂上りにも暑いからついつい使用したりしてこれでさらに寝ている間の一晩中も、クーラーを使用していたら本当カラダへの影響は大丈夫なのでしょうか…?などと心配になったりします。

私もそのうちの一人で、じゃあそういう時にはどうしたらいいのか?ネットで検索していたらいいものがありました。それがひんやり敷きパッドなのです。寝ている間クーラーを付けっぱなしだと、電気料金もバカになりませんし現状を考えると、節電の方も考えなくてはいけません。
しかしひんやり敷きパッドなら、もちろん電気料金は0円でエアコンを少しでも休ませることも出来る。(猛烈に暑い日は別ですが…)今は昔と違って、自分なりにいろいろと調べて見れば、こういった便利な商品がどんどん販売されているようなので、これらのものを上手く使用して猛烈に暑い夏を乗り切りたいものです。
スポンサーサイト

ひんやり敷きパッド 東洋紡

大人気のひんやり敷きパッドのなかでも、今年大注目の東洋紡のひんやり敷きパッド!
涼しい触感のアイスポイントを使用!なんと寝返りをするたびに、ひんやりとしていて気持ちがいいという夏には欠かせない商品です。さらに安心の日本製。
ひんやりしていて涼しくて、快適な寝心地なのが嬉しい。夏の寝床と言うとじめじめとしていてさらにムシムシとしているからもう朝起きた時には寝ていた部分が汗でびっしょりなんて事がよくあるので、いかに涼しく快適に眠れるかが重要なのではないでしょうか…?
今年こそ、そういった夏とはおさらばして、ひんやり敷きパッドで少しでも気持ちのいい睡眠にしてみてはいかがでしょうか…?

東洋紡のひんやり敷きパッドは、カラダとの接触面積が大きいから、カラダの熱を効果的に逃がしてくれるというところがポイントです。カラダの中に熱がこもらないのが嬉しいですね。
吸汗にも優れていて汗をかいてもべとつきにくいから、快適に眠れそうです。
ほんのりと冷たいから、エアコンを使えない人にもいい感じで、節電効果もあるからお金の節約にも出来て得しちゃいそう。
気になる、選べるサイズはシングル、セミダブル、ダブルと3種類あるからお家の事情に合わせてベストなものを選んで今年の夏は暑さ対策を万全にしておきましょう。

ひんやり敷きパッドの長所…

一昔前は夏と言うと、クーラーや扇風機、うちわ、蚊取り線香、冷やし中華など昭和の香りがプンプンと感じられましたが今では、節電やクールビズ、ひんやり敷きパッドを始めとしたひんやりグッズなどが注目されています。
2011年以降は特に、節電グッズが注目されその技術やクオリティも非常に高く便利で、今までとてもいい商品がたくさん登場してきました。

ひんやり敷きパッドや、ひんやり枕、ひんやりタオルなどは、通販に限らず身近な所にあるスーパーやドラッグストア、ショッピングセンターやホームセンターなどと、夏が近づくとどこへ行っても見かけるようになりました。
それだけ需要が高くて、使っている人も毎年の様に増えてきているということなのでしょうか…
需要と言えば、確かにここ数年の夏と言うと真夏日の記録や熱帯夜、猛暑日などの記録が各地で次々と更新されていくニュースをよく耳にします。
その分クーラーなどをつける機会が増えたため、カラダにかかる負担も大きくなって、出来る事ならこのような電気を使わないうちわや、ひんやり敷きパッドのようなものが使用する人への満足度も高いように思われます。
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。